しわ取り

しわ取りテープというのをご存知ですか。利用者はまだ少ないようですが、顔の皺をなくす効果があり、テレビ番組の中で某タレントさんが自分の愛用品のひとつに挙げていて、それまで知らなかった人にも一気に知られるようになりました。

使っているときは見事な引き締め効果ですが、ある程度時間を限った使用でないと皮膚にとっては良くないようで、使用した部位によっては腫れや湿疹、赤みが?!なんてこともあって、メイクに支障が出ることもあるようです。アイテープのスゴイ版と思えば、なんとなく納得です。

しわとりテープのようなアイテムは、使用上の注意は守らなければいけませんね。私は「ここぞ!」という時に試してみたいです。

肌のケアをする方法は状態をみて使い分けることが大切です。肌の状態は毎日変わっていくのに同じやり方で、お肌のお手入れをしていけば自分のお肌にとって最良の方法ではないのです。

今日は乾燥ぎみかな?と思えばたっぷりと保湿をしてあげたりお肌の状態に影響しそうな生理前などの体の状態に合わせ低刺激のケアをおこなうという感じに変化させていくことが必要なのです。肌にふれる空気や気候に応じて使いわけることもスキンケアには必要なのです。

メイク直し、外出先のショーウインドー。女性が自分を見る機会は多いものです。

そこでふと、バッドな状態に気づいたら、よく眠ることのほかに、食事を変えてみるのも効果的です。少しでも体に良いものを選ぶと良いでしょう。

食べる内容が変わると素肌に違いが出てきます。表皮ではなく深いところ(真皮)が元気になるので、シミやシワにも良いでしょう。

常識的な範囲であればカロリー計算も不要です。ただ、肌の健康を考えて食べるだけ。

毎日の食事にはアンチエイジングの基礎としての面があると捉えると、積極的に行えるのではないでしょうか。肌が変わってくるのを実感すると、毎日の食事の意味がわかるはずです。

乾燥肌のスキンケアで大事なことは普通肌の方以上に丁寧に保湿をすることです。それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも忘れてはいけません。

必要以上にクレンジングや洗顔料を使って皮脂を落としすぎてしまうとお肌の乾燥の元になります。あと、洗顔のときのお湯についてですが熱すぎるお湯では洗顔料と一緒に皮脂も落ちてしまうので気をつけてください。

やみくもに保湿だけすればいいと思わず、洗顔についても今一度見直してみてください。赤ちゃんの肌を守るのも大事ですが、赤ちゃんに触れる自分の肌ケアも同じくらい考えてみましょう。

長期間変化のなかったホルモンバランスが出産で急激に変わるため、肌にもトラブル(しみ、しわ、過敏症等)が起きます。個人差はありますが、ある程度は自然な反応と言えるでしょう。

2つある女性ホルモンのうちエストロゲンが減少するので、肌が乾燥し、産後の疲労と相まってさまざまなトラブルを起こすこともあるようです。また、肌が刺激に弱いのもこの時期の特徴です。

外からの影響を受けやすいため、過敏反応を引き起こさないよう添加物をなるべく控えたスキンケア化粧品で保湿に重点を置いたお手入れをしたほうが良いでしょう。また、できるだけ睡眠もとるようにしましょう。

ヒアロディープパッチ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です